サブスク

【バスケ】NBAでわざと負けるのなんで?タンクの意味や罰則を解説

2022年4月26日

【バスケ】NBAでわざと負けるのなんで?タンクの意味や罰則を解説

 

NBAで負け続けているチームは弱いから?

 

わざと負けているんじゃないの?

 

タンクってなんか聞いたことあるけど、何?

 

そんな「わざと負けている」と思われるようなタンクと呼ばれるNBAにおける行為に関して、その理由や意味、罰則などに関して、今回は誰にでもわかりやすく解説していきます。

 

NBAを全試合見たい人は↓

【最新】NBAを全試合見たい!スマホやTVで視聴できる動画配信を紹介!
【最新】NBAを全試合見る方法!スマホやTVで視聴できる動画配信をファンが紹介!

続きを見る

 

 

 

NBAでわざと負けるのなんで?

NBAでわざと負けるのなんで?

 

わざと負ける理由は、「チームを再建(リビルド)」するためです。

 

そのために、チームはタンクと呼ばれる「わざと負けている」と思われるような行為をします。

 

NBAのタンクとは

タンクとは、「lose games on purpose」と呼ばれ、意図的に負けることを言います。

 

しかし、手を抜いて八百長のようにわざと負けているわけではなく、「負けるような選手のロスターやラインナップにしている」というほうが正解です。

 

例えばスター選手を長期間休ませるなどして、「どうやっても勝てないチーム」を作っているんです。

 

それを「タンク」と言います。

 

NBAでタンクをする理由

改めて「わざと負けるようなロスターを組む」タンクをする理由は、チームの再建のためです。

 

つまり、プレイオフに行けるか行けないかくらいの中途半端なチームでい続けるよりかは、チームを解体に近い形にして弱くし、もう一回プレイオフやNBAファイナルで勝てる(優勝できる)チームを作ることが目的です。

 

  • ドラフト上位指名権を取る
  • サラリーキャップの空きを作る

 

こうして、ドラフトで「すぐにでも長期にわたり即戦力になれる」有力選手を獲得するか、サラリーキャップの空きを作り「1人、2人ほどのスーパースター選手」をチームに入れて、大事な試合で勝てるようにします。

 

NBA30チームの強さの均衡を保つため、特にドラフトに関しては「1巡目1~3位」という最有力選手の権利は、リーグ最下位チームが優先されます。

 

そのため、チームは負ける必要があります。

 

NBAで有名なタンクの例

NBAで有名なタンクの例

 

NBAの歴史の中でも、特に有名なタンクをいくつかご紹介します。

 

  • 76ers(2013–14~2016–17)
  • サンダー(2020–21)
  • スパーズ(1996-97)

 

【NBAのタンクの例】フィラデルフィア76ers(2013–14~2016–17)

この中で最も有名なのは、76ersのGMサム・ヒンキーが起こした「Trust the process

 

意味は「強くなる過程を信じろ」。

 

「Trust the process」が生み出した怪物が、ジョエル・エンビード。愛称は、「the process」

 

76ersは、こうして2014年1巡目3位のジョエルエンビードを獲得しました。まさに、タンク成功。

 

76ersは、タンク中以下のように負けに負け、開幕18連敗の記録も作っています。

 

シーズン
2013-14 19 63
2014-15 18 64
2015-16 10 72
2016-17 28 54

 

2015-16シーズンなんて、ウォーリアーズがたたき出した歴代最高勝率73勝9敗とほぼ真逆です。

 

このタンクのおかげで、2016年1巡目1位のベンシモンズも獲得しています。

 

【NBAのタンクの例】オクラホマシティーサンダー(2020–21)

一番最近のタンクと思われる例は、2020-21シーズンのオクラホマシティーサンダー(OKC)

 

当時OKCに在籍していたアル・フォーホードをケガもしていないのに、長期離脱させました。

 

選手にもチームにもウィンウィンのタンクだったため、フォーホードは十分活躍の場を見せることもできたため、フロントの意向を飲んだ形です。

 

【NBAのタンクの例】サンアントニオ・スパーズ(1996-97)

「サンアントニオスパーズで一番有名な選手は誰?」と聞かれた場合、カワイ・レナードやマヌ・ジノビリという人も多いかもしれませんが、やっぱりあの男。

 

ティムダンカン。

 

この男を取るために、勝率7割以上を誇ったスパーズが、1年間デビットロビンソンを休ませるというタンクを発動し、1996-97は20勝62敗と負けまくりました。

 

見事、The Big Fundamentalティムダンカンを1位指名で獲得し、ツインタワーを完成させました。

 

NBAはタンク禁止している?

NBAはタンク禁止している?

 

NBAはタンクを明確に禁止はしていませんが、かなりグレーゾーンな行為ですし、公的に認めているわけでもありません。

 

そのため、NBAもタンクを行わないようにいくつかルール変更を行っています。

 

ドラフトのウェーバー制からロッタリー制へ

ドラフトにおいて、タンクをして最下位になれば1位指名権を得られるのが、ウェーバー制。

 

ウェーバー制なら、頑張ってタンクしたもの勝ちになってしまい、プレイオフに出られないチームが益々タンクを行うようになってしまいます。

 

そこで「ロッタリー(抽選)方式」を採用し、成績の悪いチームからドラフト1位の指名権を得る「確率」が上がるというものへ変更しました。

 

ロッタリー方式に変更することで、「絶対1位指名権を得られる」というわけではなくなったんです。

 

ただし、それでも最下位であるほうが得できるよう、2019年のNBAドラフトからは最下位のチームは5位以上の指名権が保証されるようになりました。

 

さらに、下位3チームの1位指名権獲得の確率は14%に統一されました。

 

1位指名権獲得確率

  • チーム1:14.0%
  • チーム2:14.0%
  • チーム3:14.0%
  • チーム4:12.5%
  • チーム5:10.5%
  • チーム6:9.0%
  • チーム7:7.5%
  • チーム8:6.0%
  • チーム9:4.5%
  • チーム10:3.0%
  • チーム11:2.0%
  • チーム12:1.5%
  • チーム13:1.0%
  • チーム14:0.5%

 

それでも、前年度に優勝したチームでも、確率はかなり低いですが1位指名権を得られる可能性があり、タンクをしたから絶対1位指名権を得られるわけではなくなりました。

 

タンクを公言したら罰金

タンクはグレーゾーンな戦略ですが、明確にタンクと言わなければ、罰則されません。ですが、明確に言ってしまったことで、罰則を受けたチームがあります。

 

ダラス・マーベリックスは、2017年にオーナーのマーク・キューバン氏がスポーツ番組「ダン・パトリックショー」で「若手選手を優先してコートに立たせるようにしていた」とタンクともとれる発言をしまったことにより、6,000万円ほどの罰金を受けたことがあります。

 

公言はしたものの、マブスのタンクは成功し、ルカ・ドンチッチを獲得しました。

 

戦略としてのタンクはあり?

戦略としてのタンクはあり?

 

確かにわざと負けているようなチームを応援するのは、ファンとしてもとても辛いですよね。

 

76ersのように、シーズン10勝しかしないチームを見ているのは、ファンをやめたくなる気持ちもあります。

 

ですが、今回紹介してきたマブスや76ers、スパーズのように、ドンチッチ、ティムダンカン、エンビードと明らかに次世代を担うスーパーエースを獲得しています。

 

76ersのGMサム・ヒンキーが言うように、「Trust the process」強くなる過程を楽しめば、今は暗く辛い時期が続くけれど、それを乗り越えた先に見たこともない最強の選手を中心としたチーム作りができるのであれば、ファンも未来を見ることができます。

 

サム・ヒンキーは2016年に解雇されていますが、今の76ersがあるのはサム・ヒンキーのおかげとも言えます。

 

現在は紹介したとおり、ドラフトがロッタリー制になったことで、必ず最強の選手を獲得できるわけではなくなりましたが、何年もプレイオフに出れないでいるよりは、一度チームを解体し、再建(リビルド)した方が逆に優勝への近道になるのかもしれません。

 

NBAを全試合見たい人は↓

【最新】NBAを全試合見たい!スマホやTVで視聴できる動画配信を紹介!
【最新】NBAを全試合見る方法!スマホやTVで視聴できる動画配信をファンが紹介!

続きを見る

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hana

はなブログへようこそ!30代兼業主婦のはなです! このブログは、たくさんのサブスクや定期便をご紹介しているブログです。 私自身お花が大好きなことがきっかけで始めたお花のサブスクから、今ではたくさんのサブスクを利用するようになりました。はじめてみると、生活がラクに、そして毎月ワクワクする楽しみが増えましたよ。色んな記事を見て、あなたが気になる定期便やサブスクを探してみて下さい。

女性におすすめのサブスク31選!口コミで人気の定額制サービスをジャンル別に紹介 1
男性におすすめのサブスク32選!コスパ上がる人気の定額サービスをジャンル別に紹介 2
サブスクって面白い!意外と知らない珍しい最新定額制サービス13選 3
お魚のサブスク人気6選!メリット・口コミ・料金からおすすめをご紹介 4
【ゴルフのサブスク10選】定額でラウンド・クラブ・レッスン・動画をお得に利用したい 5
電動歯ブラシのサブスクは月々いくら?5つ定期便比較して一番安いのはどれ? 6
【動画のサブスクどれを選ぶべき?】見たいコンテンツ別診断【6社比較】 7
【香水のサブスク2社比較】カラリアとセントピックどっちがおすすめ?【定額定期便ランキング】 8
9
【ギター初心者におすすめのレンタルサービスは何?】サブスク4社比較 10
コスメ定期便・化粧品サブスクの人気5選!おすすめなのはどれ? 11
ビールサーバーのレンタルサブスク3選!家庭用・個人向けのおすすめは? 12
お花の定期便比較!北海道・札幌で利用できるサブスク6選 13
【日用品のサブスク5選!人気のガレイドシリーズまとめ】生活用品コスパを最大化 14
ワインの定期便比較7選!おすすめのサブスクだけ安い順に紹介 15
【カミソリ定期便・サブスク3社比較ランキング】1番安いのはどれ? 16
保育園におむつを届けてくれるサブスクの選び方!6つのサービス比較してどれがおすすめ? 17

-サブスク
-

Copyright© はなブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.