サブスク

【歯ブラシのサブスクランキング】5つ全部比較して一番いいのはどれ?

2021年2月24日

【歯ブラシのサブスクランキング】5つ全部比較して一番いいのはどれ?

歯ブラシは定期的に交換しないと衛生的にも悪いし、逆に汚れを歯につけているようなものなので、磨いていてもきれいになりずらくなります。

 

定期的に買い替えなきゃいけない消耗品だとわかっているけど、結構めんどくさくてそのままにしちゃいがち。

 

そんな問題を解決してくれるのが、歯ブラシのサブスクです。

 

この記事では、5つの歯ブラシのサブスク(定期便)をランキング化していきます。

サブスクラインナップ

  • ガレイドデンタルメンバー
  • Curline(キュアライン)
  • BYTAPS(バイタップス)
  • Lilly(リリー)
  • Quip(クイップ)

 

キャロ
サブスクごとにメリットとデメリットも紹介していくよ!

 

 

歯ブラシのサブスクを使うメリット

歯ブラシのサブスクを使うメリット

 

歯ブラシのサブスクは、定期的に歯ブラシや替えブラシを送ってくれる定期便です。

 

メリット

  • 歯ブラシの交換が半自動的に行える
  • いつも衛生的で質の良い歯ブラシが使える
  • 買いに行く手間がない
  • 市販品よりコストを落とすことができるものも

 

歯ブラシの交換が半自動的に行える

歯ブラシを交換しなきゃと思っていても、なかなか交換するのが面倒で伸ばし伸ばしになっちゃいがち。

 

サブスク(定期便)なら定期的に歯ブラシが送られてくるので、交換する意識が必然的に芽生えるので、ストレスなく交換できます。

 

いつも衛生的で質の良い歯ブラシが使える

冒頭にも書きましたが、歯ブラシを交換しないとどんどんとブラシの質が下がるため、あなたが思うよりずっと細菌が歯ブラシについているので、逆に歯を汚していることになっちゃいます。

 

それに質の下がった歯ブラシが、質が良い歯ブラシに比べてかなり汚れが取れません。

 

サブスクを使えば、1カ月に1度と歯科医などが推奨する交換期間で交換できるのでいつも衛生的で質の良い歯ブラシを使うことができます。

 

買いに行く手間がない

実はこれが一番のメリットになるかもしれません。

 

買いに行かなくても、定期的にポストに届くので家にいる必要もありません。

 

送料も無料なサービスがほとんどなので、Amazonや楽天で購入して歯ブラシなのに送料がかかるバカらしさがなくなります。

 

市販品よりコストを落とすことができるものも

サブスクの種類にもよりますが、これから紹介するサブスクの上位は手放しでおすすめできるサブスクです。

 

本体に一切お金がかからなかったり、ブラシの交換も市販品とほとんど質が変わらないのにコストを抑えることができるものもあります。

 

歯ブラシのサブスクを使うメリット

デメリット

  • 市販品よりも高くつく
  • 最低利用期間がある

 

市販品よりも高くつく

すべてのサブスクがコスパが良いわけではありません。

 

サブスクの中には、上質すぎて一般に売られているような市販品より大幅に高いものもあります。

 

ですが、サービスの質や歯ブラシの質が高いためにその値段になっているものもあるため、一概に悪いサブスクとは言えないんです。

 

最低利用期間がある

期間はサブスクによりますし、最低利用期間のないものもありますが、ある程度の期間使わないと解約料がかかるものもあります。

 

ですが、それを差し引いてもかなりおすすめのサブスクがありますので、これからランキング化していきます。

 

あなたがどのサブスクに合っているか参考にしてみてください。

 

【歯ブラシのサブスクランキング】比較しておすすめを紹介

【歯ブラシのサブスクランキング】比較しておすすめを紹介

 

歯ブラシのサブスクをランキングしていく前に、どんな理由でこのランキングになったのか説明します。

 

歯ブラシのサブスクの見るべきポイントは、以下の3つです。

ポイント

  • 市販品よりコストが下がるのか
  • 市販品と比較して歯ブラシの質はどうか
  • 送料など無駄なお金はかからないか

 

それでは、それぞれのサブスクを見ていきましょう。

 

【1位】ガレイドデンタルメンバー

 

すでに歯ブラシのサブスクリプションの代名詞となったガレイドデンタルメンバー

 

サブスク自体の人気、歯ブラシの質、コスト削減と全てを兼ね備えた優秀なサービスの1つです。

 

ガレイドデンタルメンバーを使うメリット

メリット

  • 本体が永久無料
  • 本体永久保証
  • 月にかかるお金は、替えブラシ代280円のみ
  • 送料無料
  • ブラシも3種類
  • 37,000回の高振動音波式電動歯ブラシ
  • 替えブラシはデュポン製と良質
  • 子ども用ブラシもある(2ヶ月無料)
  • ファミリープランなどプランを選べる
  • 直接受け取り不要
  • スキップ・休止・解約簡単
  • USB充電

 

本体が無料のサブスクは、この後のランキングには出てきません。これだけでやる価値は高いです。しかも送料も無料

 

本体の質は、37,000回の高速振動の音波式電動歯ブラシで、有名なフィリップスなんかでも31,000回と実はガレイドの方が振動数が高いんです。

 

音波式の電動歯ブラシは、振動により汚れを浮かせるため振動が強いほど汚れが落ちやすくなります。電池式ではなくUSB充電ということもパワーの秘訣です。

 

メリットが多すぎるので、こちらの記事に詳しく書いてあります。

【電動歯ブラシのサブスク】月額280円で始める人気のサービスの全貌【子どもも使える】 
【電動歯ブラシのサブスクガレイドとは】本体無料なのはいつまで?

続きを見る

 

ガレイドデンタルメンバーを選ぶデメリット

今回1位にしたガレイドデンタルメンバーですが、もちろんデメリットもあります。

デメリット

  • 3回替えブラシを送ってもらわないと1,980円の解約手数料がかかる
  • USBアダプタがついてこない
  • お風呂では使えない

一番のデメリットは、3回以上替えブラシを送ってもらわないと1,980円の解約手数料がかかることです。

 

例えば2回でやめると6ヶ月分1,680円なので、3回利用した方がお金はかかりません。逆に6ヶ月使っても1,680円しかかからないのがスゴイ…。

 

USBケーブルはついてきますが、コストの関係でアダプタは同封されません。iPhoneのアダプタや100均のアダプタを利用すればOKですよ。

 

防水機能はIP65なので、シャワー程度なら大丈夫ですが、水の中につけることはできません。

 

実際私は今でも使っていますが、これ以上のデメリットはありませんよ。下の記事を参考にしてみてください。

ガレイドデンタルメンバーの評判・口コミ!実際使った感想をレビュー!

続きを見る

 

\公式サイトはこちら/

ガレイドデンタルメンバー

 

【2位】Curline(キュアライン)

 

キュアラインは、替えブラシを送ってくれるサブスク(定期便)ではなく、歯科医が推奨する電動歯ブラシ(オムロンHT-B570T)とスマホアプリを連動させて、自分だけの最適な磨き方をナビゲートしてくれるサービスです。

 

Curline

Curline
開発元:Haiming Enterprise Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

 

正直コスト面では全然高いですが、自分だけの磨き方がわかる唯一のサービスです。

 

Curline(キュアライン)のメリット

メリット

  • 自分だけの磨き方が登録されたオーダーメイドの電動歯ブラシが手に入る
  • 歯科医の診察の元で行うため、安心感は断トツ
  • アプリで手軽に自分の歯にあった磨き方がわかる

 

Youtubeのとおり30代の歯周病罹患率は80%と言われている中、歯周病や虫歯を予防するために、これからは自分だけのオーダーメイド電動歯ブラシも検討してみてはいかがですか?

 

キュアラインは指定の歯科医で診察をして、磨き残しの場所や癖などを見つけ、そのデータを電動歯ブラシに登録します。

 

その後自分で磨いてみて、磨き残しなどをアプリで確認することができるんです。さらにそのデータは歯科医と連携されるので、次回の通院時に磨き方などの改善を図ることができます。

 

Curline(キュアライン)
電動歯ブラシ オムロン音波式電動歯ブラシ HT-B570T
本体料金 27,000円(税別)
月額料金 2人まで:無料 3人以上1,000円/月
電源 充電式
本体・替えブラシ購入 指定歯科医
付属品 トラベルケース、ブラシスタンド、充電器、取扱説明書(品質保証書付き)、スタートアップガイド

 

Curline(キュアライン)のデメリット

デメリット

  • 本体料金が高い
  • 一般発売されていない
  • 指定歯科医に通院する必要がある

 

本体だけで27,000円もするので、一般発売されているブラウンやフィリップスなどの電動歯ブラシの2倍程度の値段です。

 

その上替えブラシ代もかかるため、月額料金は無料とは初期投資がなかなかの値段です。

 

オーダーメイド電動歯ブラシが欲しい、今後の歯周病や虫歯予防のための出費、通院費を考えればそれほど高いものではありません。

\公式サイトはこちら/

Curlineキュアライン

 

【3位】Lilly(リリー)

Lilly(リリー)

 

Lilly(リリー)は、39,000回の超音波式電動歯ブラシのサブスクリプションで、歯の着色汚れも落とすことを目的としたホワイトモードも搭載しています。

 

現役学生がクラウドファンディングで運営を開始したことでも有名です。

 

Lilly(リリー)のメリット

メリット

  • 本体永久保障
  • 39,000回の超音波式電動歯ブラシ
  • ホワイトモードでキレイな歯を目指せる
  • 替えブラシを毎月ポスト投函
  • 送料無料
  • 1回の充電で70日使える
  • 完全防水

 

ガレイドデンタルメンバーと似たサービス内容で、初回本体+替えブラシ、以降は替えブラシが毎月届く定期便です。本体の永久保証のため、故障の場合も安心。送料も全国無料です。

 

ガレイドデンタルメンバーより優れている部分は、39,000回と2,000回振動が多い点、ホワイトモードが搭載されている点、充電のもちがガレイド(45日)より20日程度多いこと、そして完全防水なのでお風呂でも使用できます。

 

Lilly(リリー)のデメリット

デメリット

  • 6ヶ月間、月2,480円と高め
  • 6ヶ月以上利用必須
  • 6ヶ月以降月580円

 

リリーの最大のデメリットは、6ヶ月必ず使わないければならず、しかもその6ヶ月間だけ値段が毎月2,480円かかります。

 

また、ガレイドの替えブラシは280円に対して、リリーは580円と割高です。

 

性能で言えばリリーの方が高いですが、コスパで言えばガレイドの方が勝るため3位です。

 

\公式サイトはこちら/

Lilly(リリー)

 

【4位】BYTAPS(バイタップス)

 

今までは電動歯ブラシ中心にランキングしてきましたが、BYTAPS(バイタップス)は手持ち歯ブラシのサブスクリプションです。

 

もちろん電動歯ブラシの方が歯垢や細菌の除去能力が高いと言われていますが、BYTAPS(バイタップス)の手持ち歯ブラシは非常に衛生的で高品質です。

 

BYTAPS(バイタップス)の手持ち歯ブラシは、持ち手の部分(ハンドル)とブラシの部分(ブラシカートリッジ)に分かれており、ブラシカートリッジが毎月送られてきます。

 

BYTAPS(バイタップス)のメリット

メリット

  • 鉱石配合のブラシ毛のため、水のみでキレイに磨ける
  • 新潟・燕三条の職人が手掛けた上質なハンドル
  • 送料無料
  • 毎月ポスト投函
  • いつでも一時停止・解約

 

歯ブラシの品質だけで言えば1位のバイタップス。

 

新潟・燕三条の職人が手で仕上げるアルミ削り出しのハンドル、マイナスイオンが発生する鉱石配合のブラシ毛で歯磨き粉不要で衛生的に歯を磨くことができます。

 

ハンドルは約30gと重めに作ってあり、重さがクセになると口コミでも好評です。

 

BYTAPS(バイタップス)のデメリット

デメリット

  • ハンドル部分が7,590円
  • 替えブラシは480円

 

キュアラインと同様に、歯ブラシの質を考えるならバイタップスもおすすめです。

 

ただし、初期費用が7,590円かかるのと、月額料金(カートリッジ代)が480円かかります。

 

月額料金だけで言えば、2番目に安いし送料無料なのでコスパ的にも良いと思いますよ。

 

BYTAPS(バイタップス)はどんな歯ブラシ?】サブスクの内容や料金を解説
【BYTAPS(バイタップス)はどんな歯ブラシ?】サブスクの内容や料金を解説

続きを見る

 

\公式サイトはこちら/

BYTAPS(バイタップス)

 

【5位】Quip(クイップ)

Quip(クイップ)

 

アメリカの電動歯ブラシのサブスクリプションQuip(クイップ)は、日本への発送もOK。

 

電動歯ブラシ・カバー・歯磨き粉・デンタルフロス・デンタルフロスピックなどの中から、好きなものを選んだスターターキットから始めます。

 

その後、サブスクリプションプランに登録するとブラシヘッド・フロス・歯磨き粉などが3ヶ月ごとに届く定期便です。

 

Quip(クイップ)のメリット

メリット

  • 歯ブラシの素材やカラーを選べる
  • プラン内容をカスタマイズ可能
  • 子ども用もある

 

おしゃれな電動歯ブラシが欲しいならクイップはおすすめ。

 

プラン内容も豊富で、フロスや歯磨き粉など自分が欲しいものだけをつけてオリジナルプランをカスタマイズできます。

 

キッズスターターキットも利用できるため、家族での利用も可能ですよ。

 

Quip(クイップ)のデメリット

デメリット

  • 初回送料15ドル
  • 海外発送のため届くまで15日営業日かかる
  • 申し込みが英語サイト
  • 本体25ドル(2,600円程度)
  • 電池式

 

国際送料がかかるので、約1,600円かかるのがかなりデメリット。

 

そして登録は海外通販などしたことがないと、英語でよくわからないため、登録ミスなどが起こりがちで怖い…。

 

さらに、本体は電池式なので充電式に比べてパワーが劣ります。全体的にあまりおすすめではありません

 

\公式サイトはこちら/

Quip(クイップ)

 

【歯ブラシのサブスクランキング】まとめ

【歯ブラシのサブスクランキング】まとめ

 

歯ブラシのサブスクの多くは送料無料で、コストも抑えてくれるサービスばかり。

 

歯ブラシを半自動的に交換できるため、買い忘れもなく買いに行く手間もありません。

 

結局どれがおすすめかというと、あなたに合った方を選んでみて下さい。

 

コストを抑えたい:ガレイドデンタルメンバー

完璧な歯磨きを目指したい:Curlineキュアライン

 

 

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hana

はなブログへようこそ!30代兼業主婦のはなです! このブログは、たくさんのサブスクや定期便をご紹介しているブログです。 私自身お花が大好きなことがきっかけで始めたお花のサブスクから、今ではたくさんのサブスクを利用するようになりました。はじめてみると、生活がラクに、そして毎月ワクワクする楽しみが増えましたよ。色んな記事を見て、あなたが気になる定期便やサブスクを探してみて下さい。

-サブスク
-

Copyright© はなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.