サブスク

邦ロックとは?言葉の意味や読み方・人気バンドをフェス歴20年が解説

2020年9月25日

【邦ロックとは?】言葉の意味や読み方・人気バンドをフェス歴20年が解説

 

こんな疑問じゃないですか?

  • 最近よく若者を中心にネットでよく見る「邦ロック」という言葉。それってどういう意味なの?読み方は?
  • 邦ロック好きだけど、実際どんな分類わけされているか曖昧…
  • 邦ロック好きになりたてで、おすすめの最近流行りのバンドを教えて欲しい

 

この記事では、邦ロックに関するこんな疑問や悩みに、邦ロック好き20年?(いやもっと…年齢がバレるのでやめておきます)が解説していきます。

 

今日からあなたも「#日曜日だし邦ロック好きな人と繋がりたい」こんなハッシュタグで、邦ロックを語れちゃいますよ。

 

 

邦ロックとは?言葉の意味や読み方を解説

邦ロックとは?言葉の意味や読み方を解説

 

「邦ロック」の読み方は、「ほうろっく」。邦楽のロックを略して、邦ロックと呼ばれています。

 

邦ロックの定義

ところが邦楽ロックと言えど、幅が広いですよね。例えば、「X JAPANは邦ロック?」と聞かれると邦ロックには入らない。「Bzや矢沢の永ちゃんは?」と聞かれると、う~ん確かに邦ロックではあるけど…って感じ。

 

そもそも明確な定義はないんです。むしろ定義を明確にしちゃうと、「イヤこのバンドは邦ロックだから」とか「あいみょんが邦ロックってもぐり?」みたいに罵詈雑言が飛び交うので、「ぴえん」レベルの若者言葉、スラング言葉だと認識するのが正解です。

 

とはいえ、そんなこと言ったらあなたの疑問に何も答えていないので、「邦ロック」という言葉が若者から発信され作られた言葉ということで「若者が好きな邦楽のロックバンド・アーティスト」を指すと考えればOKですよ。

 

邦ロックとはこんなバンド・アーティスト

BUMP OF CHICKINのようなメジャーなバンドも多いですが、特に大学生のコピバンがやっているような、みんながあまり知らないインディーズのバンドをどんどん発掘して聴いていく流れが邦ロック界隈では楽しみの1つ。

 

例えば、先ほど紹介した「#日曜日だし邦ロック好きな人と繋がりたい」のように、TwitterなどのSNSを使ってまだあまり知られていないインディーズバンドを発掘していきます。

 

特に、RSR(Rising Sun Rock Festiva)やROCK IN JAPAN FESTIVAL、京都大作戦のような野外フェスのタイムテーブルに載ってくるバンドが「邦ロック」の中心です。

 

逆に先ほど例に出したX JAPANやGLAYなど、ビジュアル系のバンドとは一線を画してすみ分けがされています(X JAPANはサマソニに出てたけど…)。

 

邦ロックの分類とおすすめアーティスト

邦ロックの分類とおすすめアーティスト

 

邦ロックという言葉の曖昧さは、わかっていただけましたかね?

 

20年邦楽ロックや洋楽パンク、最近ならEDMなど音楽をとにかく聴いてきた私ですが、洋楽、邦楽、EDMくらいの分類ならわかりますが、それ以上になるともう曖昧で、どのバンドがどの分類に入るかなんてことは、ファッションと同じです。

 

山ガールだったり、ギャル系、サブカル系なんて、もう分類するの難しくないですか?昔は分類するのが好きでしたが、分類すればするほど難しく、めんどくさいし、ややこしいんですよね。

 

服も好きな服を着こなせばいいし、音楽も好きな曲を聞いてればいいんです。好きな曲も年とともに移り変わるし。

 

愚痴はこのくらいにして、とにかく大雑把にわけてみたのでYouTubeの動画を聞いて「あ~こんな感じね」と納得してください笑

 

キャロ
文句は受け付けないぞ笑!

 

パンク・メロコア系

私が高校生くらいの頃からずっと聴き続けているメロコア・パンク系バンド。あの頃はハイスタ、モンパチ、ゴイステなんかが…

 

モッシュ、ダイブが好きすぎて、もみくちゃの中で眼鏡を吹っ飛ばして眼鏡が粉々になったアホな友達もいました…

 

それはさておきパンク・メロコア界にも色々種類はありますが、とにかく早くて爽やかな曲よ。

 

HI-STANDARD

 

ハイスタを語らずして、日本のメロコア界は語れないの。あのFAT WRECK CHORDSから日本で初めてリリースしたスーパーバンド。2000年のAIR JAMで休止してから、3.11の大震災を超えて復活。

 

復活に涙した人は数知れず。2017年に待望のニューアルバム「THE GIFT」をリリースしたけど、やっぱり昔からのファンは昔のアルバムへの思い入れが…

 

おすすめアルバムは「GROUIN UP」と「Making the Road」。全部おすすめだけどね…

 

BRAHMAN

 

これも昔のバンド…って言ったら怒られるけど、昔から今も第一線で活躍しているBRAHMAN。私が高校生の時にフジロックで初めて見たバンド。

 

1stアルバムからやばすぎて、一瞬でファンになったバンド。昔はライブでMCもなく、ぶっ続けで曲を流し続けてくれる、とにかく「漢」というイメージがふさわしい、ヒンディー文化をコンセプトにしているバンド。

 

おすすめは、「A MAN OF THE WORLD」と「THE MIDDLE WAY」。「A MAN OF THE WORLD」はサブスクで聴けないので、下のリンクから100円で買えますよ。


04 Limited Sazabys

 

最近の若手バンドなら、この04 Limited Sazabys。ELLEGARDENの流れを継ぐ、4人組ハイトーンボイスメロコアバンド。

 

もう地上波のテレビにも出演しちゃうくらいメジャーになったけど、ポップでキャッチーな日本語メロコアなので、メロコアを聞いてみたいなら、まずは04 Limited Sazabysから。

 

「CAVU」と「SOIL」をぜひ聞いてみて!

 

ラウド・ハードコア系

パンクやメロコアよりももっと激しいのが好きという方は、ラウド系がおすすめ。重厚感のあるギターリフ、体を立てに振りたくなるシャウトボイス。でもラウド系で一番注目したいのは、ドラムとベースのリズム隊。

 

人気のあるバンドはハードコアやラウドの枠にとらわれず、メタル、エモ、スクリーモ、ラップやEDMまで様々なサウンドをミックスさせているのも特徴。

 

知らなきゃ恥ずかしい、邦楽3大ラウドロックバンドを紹介していくよ。

 

マキシマムザホルモン

 

ラウド、ハードコア系でこのバンドを知らない人はいないですよね。別に好きじゃなくても知っているレベル。最近はドラムのナヲちゃんもTVに引っ張りだこ。

 

よく日本のこんなハードコアバンドが根付いたなと感心するくらいキャッチ-なサウンド。結構女の子もハマっちゃう。

 

昔友達のホルモンコピーバンドが、でんぐり返しをしながらベースを弾くという謎のチャレンジをライブ中にやっていたなぁ~。

 

おすすめアルバムは、「ロッキンポ殺し」や「ぶっ生き返す」を聞いておけばとりあえずOKよ。

 

coldrain

 

邦楽ラウドロックの中で英語の歌詞がいい人はこのバンド。2007年名古屋で結成された5人組バンド。

 

ハイトーンボイスとスクリーモが洋楽PUNKで言えばRise Againstみたいで、ギターのピロピロ感が気持ちよくなるくらいテクニカルな演奏隊も見どころ。

 

おすすめアルバムは、「VENA」「FATELESS」。動画は、「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」のCMで使われた有名な曲。

 

SiM

 

ラウド系なのにレゲエパンクバンドのSiM。ライブがとにかく激しくて、前方に行きたかったら怪我しないでよね。

 

王道のラウド系なので、聞きやすさと初心者向けな部分もあるかも。洋楽好きな人にも好まれるサウンド。

 

おすすめのアルバムは、動画のKiLLiNG MEも入っている「SEEDS OF HOPE」から聞いてみて下さい。

 

オルタナティブ系

オルタナと聞いて定義できる人がいたら教えて欲しいほど、定義が難しいのがオルタナティブ系。

 

簡単に言えばNIRVANAの流れを組む、NRVANA以前のロックの枠から外れた型にはまらないという意味でのロック。意味わかんないよね。

 

とりあえず、王道と注目の若手2バンドを紹介します。

 

9mm Parabellum Bullet

 

歌が下手。ダサいけどかっこいい。それなのに日本一チケットが取れないバンドの異名をもっていた9mm Parabellum Bullet。

 

歌詞も文学的で、直球を投げられているのか、変化球なのか判断できないほど変幻自在を楽しめるバンド。

 

おすすめアルバムは、「Revolutionary」「Gjallarhorn」

 

w.o.d

 

NIRVANAの影響が絶対大きい、グランジサウンド好きならドはまりなオルタナティブサウンド。兵庫の3ピースバンド「w.o,d」

 

ひずんだ刺さるようなギターと地震かと思うくらいに震えるベースサウンド。3ピースだからこその荒々しく、危なかしいサウンドは中毒性バツグン。

 

まだ1枚しかアルバムがでていないので「webbing off duckling」必聴。

 

羊文学

 

ギターボーカルの塩塚モエカの歌声が、とにかく澄んでいる。ドラムの子はいつになったら目が見えるの?女性ボーカルの3ピースバンド。

 

バンド名のとおり歌詞は高尚な文学を読んでいるかのように、鋭く、そしてリアル。2020年再注目。このバンドを知っていたらドヤれること間違いなし。

 

こちらもまだ2018年の1stアルバムのみ。ぜひ「若者たちへ」聞いてみてください。

 

ギターロック系

UKロックの流れを汲む王道ロックといえば、「ギターロック系」。BUMP OF CHICKIN、the pillowsなんかがこの部類に入ります。

 

邦ロックを聞こうと思ったら、まずはこのギターロックから入る人も多いと思いますよ。ロック初心者は必聴。

 

Grapevine

 

数々のバンドに影響を与え続け、今なおギターロックの中心にいるバンドGrapevine。ストレイテナーやUNISON SQUARE GARDEN、あのsachmosだって、このGrapevineがいなければ開けない音の扉があったに違いない。

 

王道と言えばそれまでだけど、彼らにしか出せない独特なサウンドはつまらないという人と、目を輝かせて可能性しか感じない人。両極端に分かれる一級品のバンド。

 

おすすめアルバムは、「Lifetime」「From a small town」

 

ズーカラデル

 

我らが札幌出身のスリーピースバンド。名曲「アニー」がヒットして注目を浴びたバンドで、とにかく歌詞が良い。若者なら間違いなく、共感しまくり。どこか懐かしいメロディーがたまらない。

 

友達が対バンしたことがあって、ギターの吉田くんがめっちゃいいやつらしい笑!今年間違いなく注目のバンド!

 

フルアルバム「ズーカラデル」は、アニーの他に漂流劇団など名曲ぞろいなので要チェックですよ。

 

ポルカドットスティングレイ

 

「おしゃれかよ!」ってつっこみたくなるほど今風。雫さんかわいすぎかよ。2015年結成の福岡出身4ピース+猫(ビビ)バンド。

 

今やアニメや映画などの主題歌にひっぱりだこの人気バンドで、とにかくSNS戦略などセリフプロデュースの上手さが際立つ。

 

身長152cmのお人形みたいなボーカル雫さんのセルフプロデュース力は、今後のバンドに影響を与えていくし、バンドをしようと思っている人なら参考にすべき。

 

アルバム「全知全能」「有頂天」をぜひチェック。

 

ガールズバンド

邦ロック女子なら誰もが憧れるガールズバンド。女の子だけの女の子による女の子のためのロック。

 

邦ロック全盛期の今かなり注目されているジャンルでもあるので、要チェック。

 

SCANDAL

 

ガールズバンドと言えば、SCANDALは取りこぼせない。同じダンススクールから2006年に結成された4ピースバンド。

 

全盛期は過ぎたかと思っているかもしれないけど、2019年にはマカオの「HUSH!! Full Music 2019」にヘッドライナーとして参戦し、もはや世界のSCANDALになりつつあります。

 

私は、2018年にリリースしたアルバム「HONEY」が好き!

 

BAND-MAID

 

世界的に注目されているラウド系メイド風ロックバンド「BAND-MAID」。動画の曲「Domination」もそんな彼女たちの野望「世界征服」を歌った曲。

 

超絶技巧のギターKANAMIやツーバスで迫力満点ドラムのAKANEなど演奏隊に加え、天童よしみなど演歌まで歌える美声のボーカルMIKUちゃんがかわいすぎる。

 

この記事を見たあなたもご主人様、お嬢様になっちゃうかも。おすすめアルバムは、「JUST BRING IT」と「BRAND NEW MAID」

 

yonige

 

さすがにyonigeは知ってるでしょ?auのCMで聴いたことがある人も多いはず。

 

俳優山田孝之推薦、寝屋川出身の2人組と言えばyonige。というか、山田孝之もメンバーの1人みたいなものだし。

 

フルアルバム「健全な社会」は、聞かなきゃ損。

 

邦ロック全部聞きたきゃサブスクしかない

邦ロック全部聞きたきゃサブスクしかない

 

紹介してきた中で、気に入ったバンドはありましたか?結構王道メジャーなバンドから、インディーズバンドまで様々ありましたよね。

 

これらのバンド全部CDで買おうと思ったら、やってられない。そんな時にオススメなのはやっぱり音楽アプリ。サブスクリプションですよね。

 

1000円以下で今紹介したバンド全部聴けるし、しかも3ヶ月無料ですよ。

 

邦ロックが一番聴ける音楽アプリをコスパや機能も含めてランキング形式で紹介していますので、ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さいね。

 

 

【邦ロックとは?】まとめ

【邦ロックとは?】まとめ

 

邦ロックといえど、範囲が広すぎて分類するのも定義するのも、そこまで意味がないことはわかっていただけましたか?色んなサウンドが混ざって、色んなルーツがあるバンドを1つに定義するなんて無理なんですよ。

 

今回紹介してきたバンドの他にも、山ほど山ほど紹介しきれなかったテンションアゲアゲのバンドがありますよ。

 

新しいヤバイバンドを見つけた時の独占欲と興奮と人に教えたくなる欲求は、邦ロック好きなら絶対わかるはず!

 

さっき紹介した記事にどのサブスクが良いか、わかりやすく書いてあるので、サブスクでどんどん無限にバンドを探しまくってくださいね。きっと友達にドヤ顔できますよ。

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hana

はなブログへようこそ!30代兼業主婦のはなです! このブログは、たくさんのサブスクや定期便をご紹介しているブログです。 私自身お花が大好きなことがきっかけで始めたお花のサブスクから、今ではたくさんのサブスクを利用するようになりました。はじめてみると、生活がラクに、そして毎月ワクワクする楽しみが増えましたよ。色んな記事を見て、あなたが気になる定期便やサブスクを探してみて下さい。

-サブスク
-

Copyright© はなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.