サブスク

【mamatas pass(ママタスパス)とは】料金やサブスクの内容を解説

2020年9月14日

【mamatas pasu(ママタスパス)とは】料金やサブスクの内容を解説

 

こんにちは はなです(@yo13522hana

 

はな
せっかく家族でお休みの日。今日はどこに行こう?

割引で利用できる施設が良いけど、どこか子どもも楽しめる^_^や場所ないかな?

それと、施設に授乳室があるのかとか、駅から遠いかとか、施設内におやつとか持ち込み可なのかとか色々心配…

 

そんな悩みを解決してくれる新しいサブスクが、あのC Channeが運営しているママ向けメディア「ママタス」からスタートしました。

 

その名も「mamatasu pass(ママタスパス)

 

この記事では、そんなママタスパスについて、サブスクリプションの中身と月額料金、そして使うべきかどうかまで解説していきますよ。

 

日頃お仕事をしながら、家事もやって子育ても頑張っているあなた必見ですよ!

 

 

 

 

mamatas pass(ママタスパス)ってどんなサブスク?

mamatas pass(ママタスパス)ってどんなサブスク?

 

ママタスパスに入ることで、家族や子連れでどこかお出かけする際の情報がそこだけで完結しちゃう。「ママの味方」のサブスクなんです。

 

例えば、「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」のお食事代が割引になったり、始めていく場所の情報がママタスパスで全部わかっちゃいます。

 

キャロ
「サブスクとは?」って疑問に思ったらこちらを読んでね

 

ママタスパスの料金

ママタスパスは、月額980円(税込)で利用できます。

 

さらに、2020年12月31日まで、3ヶ月間半額の490円(税込)で利用することができるので、利用を考えている人は2020年中に入るかどうか決めましょう。

 

ママタスパスの登録は簡単?

せっかく便利なサブスクなのに、登録がめんどくさかったら疲れちゃう。

 

ママタスパスは、あなたとお子さんの名前を入力し、クレジットカード登録すればそれだけでOK。

 

簡単に登録できるから、ノンストレスですよ。

 

ママタスパスでできること

キャロ
ここからは、ママタスパスでできることを紹介していくね

 

ママタスパスでできること

  • ママが絶対知りたい施設情報をゲット
  • 100以上の施設やサービスを会員料金で利用できる
  • 毎月1枚思い出のポストカードプレゼント
  • 家事代行サービスの割引特典がもらえる
キャロ
それぞれ解説していくよ

 

ママが絶対知りたい施設情報をゲット

お出かけの際に、施設の情報を探すのにネットで検索しますよね。でも、色々検索するのが大変だし、情報が載っていないことも多い…

 

例えば、小さなお子さんがいるママならこんな悩みがありますよね。

ママの悩み

  • 授乳室あるかな?
  • 店内にキッズスペースあるかな?
  • ミルクを作るための給湯室とかあるのかな?
  • 子どもがアレルギーだから別の食事持ち込み可かな?
  • 子どもが小さいから駅から遠いと困るな…
  • お父さんしかいけないけど、トイレにおむつ台ついてるかな?

 

そんな情報をママタスならではに、しっかり載せてくれるので、お出かけの際に「ママタスパス」を見るだけで済みます。

 

前日の準備の時間が省けたり、行く先々で焦ることがなくなって、ママとしては絶対助かる情報ばかり!

 

100以上の施設やサービスを会員料金で利用できる

2020年9月16日サービス開始時には、50以上のレジャー施設やサービスが登録されています。

 

 

ママタスパスに登録すれば、会員限定のクーポンが発行されます。

 

スマホのクーポン画面を提示すれば、今紹介したような施設で会員限定の割引きが受けられるんです。

 

しかも、何度でもクーポンが使える(めっちゃお得)!!(一部使えない場合もあります)

 

例えば、スパリゾートハワイアンズの入場料が2割引きになったり、水陸両用バスを楽しめる「TOKYO NO KABA」が大人ひとり300円・子どもひとり200円割引になったり…

 

しかも、コロナ禍で外出先の感染対策状況が心配だと思います。ママタスパスで紹介している施設は、しっかり新型コロナ感染対策を行っている施設だけを紹介しているので、安心。

 

もっとクーポンを見てみたい

 

毎月1枚思い出のポストカードプレゼント

毎月1枚限定ですが、お出かけに行った際の写真をポストカードにしてくれます。

 

スマホから画像をアップロードするだけで、思い出の写真をポストカードにして郵送してくれます。

 

コロナで帰省ができない現状。なかなか会えないおばあちゃんやおじいちゃんに、毎月お孫さんのポストカードを送ったら絶対喜ぶこと間違いなし。

 

家事代行サービスの割引特典がもらえる

ママタスパスが提携しているのは、レジャー施設だけではありません。

 

宅配クリーニングなどの家事代行サービスの業者との連携もばっちり。

 

いつも仕事で忙しいあなたに、家にクリーニングを取りに来てくれるサービスが割引に!

 

ママタスパスは登録すべき?

ママタスパスは登録すべき?

 

ママタスパスの内容を見て、悩んでいる方もいるかと思います。

 

ここからは私の意見になりますが、どんな人が入るべきか考察していきますね。

 

ママタスパスはこんな人に向いている

月額980円って、月額にすると結構高いと思います。

 

とはいえ、割引率が結構高い場所も多く、先ほど紹介した「TOKYO NO KABA」なら、家族4人で行けば合計で1,200円分が割引に。月1回外出するだけで、元が取れちゃいますよね。

 

さらに、私的に一番お得だと感じるのは、施設情報です。本当にネットでいちいち検索して情報を得るのがめんどくさい。

 

それなら月額980円払って安心できる情報をもらうほうが、行く先々で不安にならなくて良いですし、このコロナ禍ならなおさら。

 

こんな人にむいている

  • 月に1度は外出しようと考えている方
  • 小さなお子さんがいる家族
  • 現状関東圏の方
  • コロナの感染や施設状況が心配な方

 

ママタスパスはいつ入るべき?タイミングを解説

さらにサービス開催キャンペーンとして、今なら12月31日まで490で利用できます。

 

とはいえ、サービス開始時には50施設しかありません。しかも、関東圏中心。

 

今後、ママタスパスは関東圏以外にも、中部地方をはじめ全国展開する予定です。

 

年内には100施設以上を目指す予定。年内ならあと3ヶ月で倍以上の登録施設になる予定です。そのペースでいけば、かなり施設のバリエーションも増え、施設を選ぶのも楽しくなりそうですよね。

 

またコロナの感染状況も考えると、入るタイミングは12が良さそうです。サービス状況やコロナによる外出自粛状況を見て、入るタイミングを見極めるほうが良さそうですね。

 

【mamatas pass(ママタスパス)とは】まとめ

まとめ

  • 月額980円
  • 12月31日まで月額490円のキャンペーン中
  • 100以上の施設やサービスの割引ゲット
  • 家事代行サービスもうれしい
  • 1ヶ月に1度ポストカードがもらえる

 

ママタスパスは2020年9月16日スタートしたばかり。

 

これから、どんどん情報が出てきて、サービスや施設もどんどんアップデートされると思います。

 

これからが楽しみなサブスクですね。

 

 

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hana

はなブログへようこそ!30代兼業主婦のはなです! このブログは、たくさんのサブスクや定期便をご紹介しているブログです。 私自身お花が大好きなことがきっかけで始めたお花のサブスクから、今ではたくさんのサブスクを利用するようになりました。はじめてみると、生活がラクに、そして毎月ワクワクする楽しみが増えましたよ。色んな記事を見て、あなたが気になる定期便やサブスクを探してみて下さい。

-サブスク
-

Copyright© はなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.