サブスク

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】国内線・国際線の違い!上空で蒸発する?

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】国内線・国際線の違い!上空で蒸発する?

 

普段使っているお気に入りの香水を海外に持っていきたいけど、飛行機に香水って持ち込めるの?

 

海外や免税店で購入した香水を国内に持ち込む場合はどうしたら良いの?

 

この記事では、海外に香水を持ち込む際や国内に香水を持ち込む際の飛行機でのルールをご紹介し、余計なお金がかかったり、購入した香水を没収されない方法をご紹介します。

 

さらに、機内に香水を持ち込む際に瓶が割れたり、液漏れしたり、はたまた蒸発しないか不安な方に、その対策方法もご紹介します。

 

 

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】国内線と国際線の違い

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】国内線と国際線の違い

 

結論としては、飛行機内に香水を持ち込みすることはできます

 

ただし、国内線と国際線で飛行機内に香水を持ち込む際の「持ち込み制限」のルールが違うため、それぞれご紹介します。

 

国内線の香水の持ち込み制限

国内線のルール

  • 500ml以下の容器
  • 合計で2Lまで

 

国内線では、香水は化粧品として扱われます。そのため、国際線よりもあまり制限はありません。

 

香水のフルボトルの多くは、多くても100ml程度のため、基準を超えることはほとんどないですよね。いつも使っている香水を持っていけます♪

 

国際線の香水の持ち込み制限

国際線のルール

  • 100ml以下の容器
  • 透明のプラスチック製袋(ジッパー付き)に入れる
  • 袋の縦横のサイズの合計が40cm以下
  • 袋の容量は1L以下
  • ひとり1袋まで

 

他の液体物(化粧水、日焼け止め等)で袋がいっぱいになってしまうと香水の持ち込みができないため、かなり少量しか持ち込めないことになっています。

 

ルールを守らない場合には、保安検査で没収されることになりますので、お家でシュミレーションしてから旅行に行くと良いですね。

 

以上が国内線と国際線の香水持ち込みの違いです。

 

渡航先や免税店で購入した香水を国内に持ち込む際の注意点

渡航先や免税店で購入した香水を国内に持ち込む際の注意点

 

渡航先や免税店では、シャネルやディオールなど高級ブランドの香水が安く買えるので、お土産や自分用に持ち帰りたいですよね。

 

飛行機に持ち込む際のルールは先ほど紹介したとおりですが、国内に香水を持ち込む際に税金がかかってしまうことがあります。

 

せっかく安く購入しても税金がかかっては意味がないので、免税範囲内で香水を国内に持ち込む基準をご紹介します。

 

香水を国内に持ち込む際の免税の範囲

香水を国内に持ち込む際に税金がかからない、いわゆる免税範囲内に収めるためには、2オンス(約56ml)までと決められています。

 

とはいえ、この時の香水と呼ばれるものはごく限られており、香水の種類によって違います。

 

香水の種類 免税範囲 申告書の要否
パルファム(Parfum) 2オンス(約56ml)まで 申告が必要
オー・ド・パルファム(Eau de Parfum) なし なし
オー・ド・トワレ(Eau de Toilette) なし なし
オー・デ・コロン(Eau de Cologne) なし なし

 

パルファムは香水の中でも、最も香り立ちが強い香水です。

 

海外の香水にはよくありますが、国内で人気のシャネルなど海外ブランドの香水の多くは、オードパルファム以下になりますので、パルファムを購入する際のみ、香水のパッケージを確認して購入する量を決めましょう。

 

また、オードパルファム以下であっても、香水を購入した合計金額が20万円を超えた場合は課税対象となり、申告書も必要となります。

 

詳しくは、こちらの「財務省税関」のホームページにて確認ができます。

 

【飛行機で香水は蒸発する?】液漏れで香水を無駄にしない方法

【飛行機で香水は蒸発する?】液漏れで香水を無駄にしない方法

 

結論から言うと、飛行機内で香水が蒸発することはありません。

 

ただし、預けたスーツケースに香水を入れていると瓶が割れてしまったり、上空の気圧の変化によりフタが浮いて液漏れしてしまうことがあります。

 

そうならないよう、液漏れや瓶が割れない方法をご紹介していきます。

 

衝撃で瓶が割れる

衝撃で瓶が割れないようにする対策は、クッション性のあるタオルなどに包んで入れることをおすすめします。

 

国内でも海外でも、預け入れたスーツケースを貨物に載せる際には、スーツケースがボンボン投げられます。その衝撃で瓶が割れることが多いため、ワレモノはクッション性の高いものい包んでおくと良いです。

 

手荷物の場合は、瓶が割れることはほとんどありませんが、液漏れの心配があります。

 

気圧が下がり液漏れする

また、上空では気圧が下がるためフタをしっかりしめていないと、フタが浮いて液漏れしてしまい、到着したころにはスーツケースの中がビチャビチャになることもあります。

 

フタをしっかり閉めることはもちろん、テープなどで固定することが必要です。また、万が一液漏れした際のために、ビニール袋などに入れておくのも良いですよ。

 

香水をアトマイザーに入れる

海外に香水を持ち込む際に最も良い方法は、香水をアトマイザーに移し替えることです。

 

容量も少量になり、持ち込み制限にもひっかかりません。

 

アトマイザーは、100均や無印などにも売っているので簡単に手に入りますが、液漏れしやすいものも多いため注意が必要です。

 

飛行機に持ち込めるおすすめのアトマイザー

飛行機の気圧にも耐えるアトマイザーの条件は、ガラス製で液漏れがすくなく、遮光性のたかいもの

 

プラスチック製だと、香水の劣化が早く、また気圧でフタが開くリスクも高まります。また、日光によっても香水が劣化するため、遮光性のたかいものがおすすめです。

 

ヤマダアトマイザー18544

ガラス製の容器とアルミ製のカバーが高級感があり、容器自体がカバーされているので遮光性も非常に高い良品です。

 

キャップもスムーズに開けることができ、しっかり閉まるのでフタが空いてしまうリスクも少ないです。

 

お値段もお手頃なので、旅行の際にしか使わない場合でも無理なく購入できます。

 


 

トラヴァーロ クラシック

イギリスの香水アトマイザーブランドとして有名なトラヴァーロのアトマイザー。

 

アトマイザーの底から香水を簡単に入れることができ、デザイン性もラグジュアリー感がありおしゃれです。

 

スプレータイプですが、霧がかなり細かく香水をつけた時にビチャビチャっとならない、他にはない特徴があり人気です。

 


COLORIA(カラリア)のアトマイザー

香水の定期便COLORIA(カラリア)では、無料で良質なアトマイザーをプレゼントしてくれます。

 

もちろん定期便に申し込むことが必要ですが、1,200円程度で単品購入もできます。

 

香水の定期便COLORIA(カラリア)は、75ブランド600種類以上の正規品の香水をお試しできるので、海外になかなか行けない際でもフルボトルを購入する前に少量でお試しできます。

 

また、旅行先で気になったけど購入しなかった香水もお試しでき、旅行の際にカラリアで頼んだ香水をそのままアトマイザーに入れて持っていくこともできます。

 

ガラス製の瓶と遮光性が高く、おしゃれなデザインのアトマイザーなので気になる方は、こちらで詳しくご紹介しています。

【COLORIA(カラリア)のアトマイザーは使いやすい?】値段や使い方をご紹介
【COLORIA(カラリア)のアトマイザーは使いやすい?】値段や使い方をご紹介

続きを見る

 

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】まとめ

【香水は飛行機内に持ち込みできる?】まとめ

 

香水はルールを守れば、問題なく機内に持ち込むことができます。

 

ポイント

  • 国内線は500ml以下の容器で合計で2Lまで
  • 国際線はごく少量で(10ml以下がおすすめ)
  • 免税の際はパルファムのみ2オンス(約56ml)まで
  • アトマイザーに入れて持ち込むのがおすすめ

 

イヤな気持ちをしないよう、ルールを守って楽しい旅行にしましょう♪

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

hana

はなブログへようこそ!30代兼業主婦のはなです! このブログは、たくさんのサブスクや定期便をご紹介しているブログです。 私自身お花が大好きなことがきっかけで始めたお花のサブスクから、今ではたくさんのサブスクを利用するようになりました。はじめてみると、生活がラクに、そして毎月ワクワクする楽しみが増えましたよ。色んな記事を見て、あなたが気になる定期便やサブスクを探してみて下さい。

-サブスク
-

Copyright© はなブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.